群馬県高崎市新町で和形瓦屋根の棟瓦取り直し工事 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

群馬県高崎市新町で和形瓦屋根の棟瓦取り直し工事

撤去作業段取り中

群馬県高崎市新町で築37年、和形瓦が葺いてある和風造りなお家の棟瓦取り直し工事をする現場です。まず既存棟瓦を撤去していくんですが熨斗が何段にも積まれていたりm数がかなり多い為、クレーン車を使い土のう袋を吊り上げてガラをすぐ降ろせるように段取りしておきます。

棟撤去完了

太陽光パネルに注意しながら作業を始めます。上の丸瓦から取り~熨斗を取り~漆喰を取り~葺き土を取り~と棟部分に何も残っていない状態にします。

棟金具、野縁設置

周りを綺麗に掃いたら既存には付いて無かった棟金具を垂木に取り付けます。色んな種類がありますが今回は強力棟金具という物を設置します。これを付ける事によって棟全体の強度が以前より遥かに増します。そこに野縁という木材を通し強力棟金具と固定します。

漆喰塗り

そこに漆喰を塗り野縁の上っ面まで包み込むようにします。昔はここで粘土や廃材を入れ嵩増ししていた事もあるようですが今は漆喰のみで仕上げるのが殆どです。今回は白を使いましたが黒を希望される方のが多いです。なぜかというと黒の方が値段が安いですし白を使っても時間と共に段々、黒ずんでしまうからです。

棟瓦取り直し完工

最後に7寸丸瓦を積み野縁に釘留めしたら完成になります。注意として棟芯をしっかり出さないと最後の最後に棟瓦がズレてやり直しになってしまいます。1工程1工程、丁寧にかつ早くこなしてこそプロです。

棟金具、野縁設置
ページトップへ