埼玉県深谷市でスレート屋根をニチハ、横暖ルーフSでカバー工法工事。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • スレート屋根の苔やカビや割れなどが非常に目立ちました。

    施工前 イメージ
  • 超高耐久屋根材で生まれ変わりました。

    施工後 イメージ
使用材料 横暖ルーフS(ブラック)
工事内容 屋根カバー工法
工事費用 ¥1,347,000円(税込)
工事日数 10日

工事のきっかけ

インターネットからのお問い合わせ


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

埼玉県深谷市にお住まいのお客様より、屋根工事のご用命をいただきまして屋根改修工事をさせていただきました。

既存の屋根はスレート屋根です。築年数も経過していることから塗膜の劣化や苔やカビなどが目立ちました。

棟板金

棟板金の釘浮きも数ヵ所確認できました。

棟板金

スレート屋根のワレなども有り、釘が完全に剥き出しになっている部分もありました。

ワレ

こうした部分もシーリング等で補修をしてから工事に取り掛からせていただきます。

はじめに、既存の棟板金、貫板を撤去して。屋根の清掃をしてから下葺き材を葺いていきます。

棟板金撤去

カッパ23

下葺き材には日新工業さんの改質アスファルトルーフィング(カッパ23)を使用しました。こちらの下葺き材は、合成繊維不織布により、強風時でも破れにくく、施工性に優れています。

下葺き

下葺き

柔軟性に富む改質アスファルトを使用しているので、低温時でも施工性が良く、壁と屋根の取り合い部等への施工性に優れている製品です。

下葺きが終わり、軒先面に唐草板金を取り付け、屋根本体を葺いていきます。

雨押え

壁との取り合い部分は雨押え板金を取り付け、雨押え板金の上部と壁の部分にはシーリングを充填します。こうした部分にシーリングを充填することで、壁際からの雨水の侵入を防ぎます。

外壁を汚さない為にも、マスキングテープで養生を行ってから充填します。

マスキングテープ

下の写真が実際の仕上がりの写真になります。

横暖ルーフS

今回使用した屋根材は、ニチハさんの横暖ルーフSです。

遮熱鋼板と断熱材が一体型(ポリエステル塗装高耐食GLめっき鋼板
(厚み0.35mm)+  硬質ウレタンフォーム)となっていることから抜群の遮熱性と耐久性を発揮する超高耐久屋根材です。

カラーバリエーションがブラック・ブラウン・グリーンの三色で展開されていて、今回ブラックで施工させていただきました。

横暖ルーフS

無事に屋根工事が終わり、お客様からも大変お喜びいただきました。

ページトップへ