桐生市でカバー工法での屋根リフォーム工事。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • 屋根材が劣化し色褪せてしまっていてヒビ割れてしまっている所もあります。

    施工前 イメージ
  • カバー工法をしたことで新築と同様な屋根になりました。

    施工後 イメージ
使用材料 横暖ルーフS
工事内容 屋根カバー工法
工事費用 815,600円(税込)
工事日数 3日

工事のきっかけ

屋根材の色褪せが気になるとの事でお問い合わせをいただきました。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

群馬県桐生市で屋根のリフォーム工事を行いましたのでご紹介します。今回の工事内容としましては既存の屋根材スレート瓦コロニアルの上からガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを上張りする「カバー工法」での施工になります。

 

現調

 

現調

 

現調

 

現地調査へ伺わさせていただいた際の写真です。既存の屋根材スレート瓦コロニアルの劣化状況はヒビ割れが目立ち、表面の塗料が落ちていて色が褪せてしまっています。

ヒビ割れ部にシーリング処理をして塗装という手もありますが年数が経つと同じようにヒビ割れが起きてしまいます。何度もメンテナンスを行うのもその都度費用がかかってしまうので、ひび割れを起こさず劣化しにくいガルバリウム鋼板材横暖ルーフSを上張りカバー工事でのご提案をさせていただき、ご依頼をいただきました。

 

板金取り付け

 

今回は下葺きの前に軒先に唐草水切り板金を取り付けしました。職人によって先に付ける人と後に付ける人と分かれます。

 

棟バラシ

 

棟バラシ

 

棟バラシ

 

既存の棟包み板金を撤去します。大棟には6尺の換気棟が設置してありました。

 

下葺き

 

下葺き

 

下葺き

 

下葺き材の施工状況です。使用している下葺き材は日新工業のゴムアスファルトルーフィングカッパ23という製品です。規定通りの施工をしています。

 

本葺き

 

屋根材の本葺きです。今回使用している屋根材は「ガルバリウム鋼板材横暖ルーフS」です。横暖ルーフは遮熱性、断熱性と遮音性も備えた軽くて丈夫な屋根材です。カバー工法に適した屋根材と呼べるでしょう。

 

換気水切

 

屋根材を葺き上がる前に換気棟の水切りを取り付け葺き仕舞います。下葺き材をカットし通気を取ります。

 

仕上げ

 

仕上げ

 

棟包み板金の下地となる貫板をビスで固定します。屋根材と貫板との間にすき間ができてしまうのでシーリングで埋めます。

 

仕上げ

 

棟包み板金同士の継ぎ目には内コーキングをしてスクリュー釘で固定します。

 

仕上げ

 

棟包み板金を加工しながら納めます。とてもきれいに仕上がりましたね。

ページトップへ