板倉町でスレート材からガルバリウム鋼板材へカバー工事。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • 既存の屋根材は表面にコケが生えてしまっていたり劣化で割れてしまっている部分もありました。

    施工前 イメージ
  • 横暖ルーフSを上張り工事しきれいな屋根に戻りました。

    施工後 イメージ
使用材料 横暖ルーフS(ブラック)
工事内容 屋根カバー工法
工事費用 ¥1,200,000円(税込)
工事日数 6日

工事のきっかけ

屋根材にコケが生えているのだが劣化状態を知りたいとのことでお問い合わせをいただきました。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

群馬県板倉町でスレート瓦からガルバリウム鋼板材へカバー工事を行いましたのでご紹介します。

現調

現調

現地調査へ伺わさせていただいた時の写真です。敷地は広く立派なお宅ですね。

現調

現調

現調

現調

現調

現調

現調

現調

屋根材はスレート材です。劣化が激しく表面にはコケが生えてしまっています。所々に割れやひび割れなど見受けられます。この色褪せ具合は表面の塗料が落ちてしまっているとの思われます。今回塗装工事とカバー工事でお見積りを作成させていただきカバー工事でご依頼をいただきました。カバー工事というのはカバー工法という施工方法でスレート材の上からガルバリウム鋼板材を上張りする工事になります。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

既存の隅棟は差し棟という板金を使用しているためスレート材とフラットになっていますので大棟の棟包み板金だけを撤去します。棟包み板金を撤去するのは屋根材とフラットになっていないとガルバリウム鋼板材が納まらないからです。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

こちらは下葺きの写真です。使用している下葺き材は日新工業のゴムアスファルトルーフィングカッパ23という製品です。規定通りに下葺きを行います。下屋は足場があるため少々大変ですがジャッキを持ち上げながら下葺きを行いました。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

役物板金の取り付けです。軒先には唐草水切り板金、ケラバにはケラバ水切り板金、谷には本谷板金を取り付けします。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

いよいよ本葺きです。今回使用している屋根材はガルバリウム鋼板材横暖ルーフSです。雪止め金具は先付けの製品を使用し455mm間隔の千鳥配置で上屋のみ設置となっています。谷部は屋根材を内側に折り込んで切り口を隠す事できれいな仕上がりになります。真っ直ぐ通っていても切り口が出ていると見た目が汚くなってしまいます。

カバー工事

カバー工事

棟包み板金の下地に貫板をビスで固定します。隅棟部は屋根材と貫板との間にすき間ができてしまうのでシーリング材で隙間を埋めます。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

棟包み板金を加工しながらスクリュー釘で固定します。この加工は職人ならではですね。

カバー工事

カバー工事

カバー工事

カバー工事

仕上がり状況です。とてもきれいに板金が納まっています。下屋の板金を固定しているビス頭と壁と板金の取り合い部にはシーリングで防水処理を行います。これでカバー工事完了です。

ページトップへ