群馬県高崎市で棟取り直しスレート瓦一部葺き替え工事。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • 所々割れてしまっていて雨水が差してしまっています。

    施工前 イメージ
  • 新しいスレート瓦を使用しているのできれいになりました。

    施工後 イメージ
使用材料 コロニアルクァッド・カッパ23・棟包み板金・防腐貫板
工事内容 屋根一部葺き替え
工事費用 ¥427,790円(税込)
工事日数 1日

工事のきっかけ

割れたスレート瓦が落ちてきて心配になりお問い合わせをいただきました。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

群馬県高崎市飯塚町でスレート一部葺き替えと棟取り直し工事を行いましたのでご紹介します。工事のきっかけは二階の天井にシミができているのと割れたスレート瓦が落ちてきて心配になりインターネットで検索しお電話でお問い合わせをいただきました。さっそく現地へ伺わせていただき屋根に上らさせていただき現地調査を行います。

現地調査20200828

現地調査2 20200828

現地調査3 20200828

谷廻りのスレート瓦が割れてしまって今にも落ちてしまいそうな所やすでに落ちてしまっている所が多く見受けられます。

現地調査4 20200828

棟包み板金も全体的に浮いてしまっています。これでは強風が吹いたら飛んでしまう可能性もあります。

応急処置20200828

応急処置2 20200828

割れてしまっているスレート瓦を防水テープで貼り付けて応急処置を行いました。本来であればカバー工法工事などで上張りをしてしまえば屋根全体が新しくなるのですが大きな工事になってしまいますので今回は一部修繕工事と棟取り直し工事でご提案させていただきご納得いただいて工事開始です。

修繕20200828

修繕2 20200828

まずは既存の棟包み板金と下地の貫板を撤去します。

修繕3 20200828

修繕4 20200828

葺き直す部分のスレート瓦を剥ぐと下葺き材アスファルトルーフィングが出てきます。谷部分の下葺き材の劣化状況が激しいのは雨水が差してしまっているからです。

下葺き20200828

下葺き2 20202828

部分的に新しく下葺きをします。使用している下葺き材は日新工業のカッパ23というゴムアスファルトルーフィングです。

本葺き20200828

本葺き2 20200828

新しいスレート瓦を本葺きします。

貫板20200828

貫板2 20200828

棟包み板金の下地となる貫板をビスで固定します。使用している貫板は防腐の製品を使用しています。

棟板金20200828

棟板金2 20200828

棟包み板金をスクリュー釘で固定します。これで作業完了です。

ページトップへ