群馬県館林市で横暖ルーフSを使用してスレート屋根のカバー工法工事。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • 劣化の進行が激しかった屋根でしたが。

    施工前 イメージ
  • ニチハ、横暖ルーフSを使用して建物の寿命を延ばしました☺

    施工後 イメージ
使用材料 横暖ルーフS(ブラウン)
工事内容 屋根カバー工法
工事費用 ¥1,314,000円(税込)
工事日数 12日

工事のきっかけ

インターネットからの問い合わせ。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

群馬県館林市にお住まいのお客様のご自宅で、スレート屋根のカバー工法工事をさせていただきました。

はじめに、既存の棟板金の撤去と貫板(下地)を撤去します。

棟板金撤去

棟板金撤去後、屋根の清掃を行いまして。下葺き材(防水シート)を葺いていきます。下葺き材は、弊社ではお馴染みの日新工業さんの改質アスファルトルーフィング。カッパ23を使用しました。

下葺き

下葺き材で屋根全体を覆い、軒先面に唐草と呼ばれる部材を取り付けます。

軒先唐草は屋根本体を葺く際のスターター的な役割の部材です。この部材に屋根本体を引っ掛けて葺き上げていきます。

軒先唐草

横暖ルーフS

今回使用した屋根材もニチハさんの横暖ルーフSという製品です。遮熱鋼板の裏側に断熱材が付いて一体型になっている屋根材です。

遮熱性、耐久性に優れた製品なので。お客様にも安心して、自信を持ってお勧め致します。

横暖ルーフS

今回使用した色もブラウンです。

軒先面(下段)~棟(上段)まで屋根本体を葺いていき、貫板(下地)を取り付けて最後に棟板金を取り付ければ屋根工事完了となります。

貫板

施工時期がちょうど梅雨時期ということもあってなかなか作業が進めず、当初予定していた工程よりも遅れてしまいお客様にはご迷惑をお掛けしましたが無事に終えることが出来ました。

棟板金

こちらの物件は屋根勾配もちょっときつかったので、作業にも少々てこずりましたが完工しました。

ページトップへ