群馬県藤岡市で外壁塗装・外壁カバー工法・ベランダ防水工事 -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

工事のきっかけ

当社が業者であり、提案内容が良かったため選んでいただきました。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

群馬県藤岡市外装工事を行います。北面と内部は塗装で、東・西・南面はカバー工法と施工内容を分けて工事するという特殊な現場です。

仮設足場

塗装にしろカバー工法にしろ、足場がないと作業できないので、着工日には足場の仮設を行い、飛散防止ネットを張ります。

内部足場

エントランスや吹き抜け天井も塗装するので、内部足場も組み立て手が届くようにします。

ケレン作業

次の日に塗装面は高圧洗浄をし、先に下地処理をしておきます。錆びてるところや素地の状態が悪いところはケレンしたりヤスリをかけておき、表面に小さな傷を付けることで塗料が食い込んでいき、密着性を良くします。

錆び止め

ケレン後、鉄部には錆び止め塗料を下塗りとして塗っていきます。

鉄柱塗装

錆び止め塗装後、上塗りして色付けをしていきます。鉄柱は周りの色と合わせて白(N-90)で仕上げます。

外壁下塗り

それと並行して外壁の下塗りも進めます。サイディングボードが使用されているアパートなので、サイディングボード用の改修下塗り材「パーフェクトサーフ」を使いました。カブリが良くクラックへの追従性も高いため、サイディングボードには適正な下塗り材となってます。

雨樋塗装

雨樋も外壁に合わせて白で塗装しています。雨樋には「セラMレタン」という塗料を2回塗りで仕上げます。ツヤが出てピカピカになります。

刷毛塗装

こちらの写真は軒天井を塗装しているところですが、まず配線などがある場合は、それに沿って細かなとこを刷毛で塗っておきます。

軒天井

そうすることで、その後のローラー作業がしやすくなります。軒天井には白系の色を使うことが多いですが、この現場もセラマイルドN-90という色を使いました。白は白なんですが本当の真っ白ではなく、微量に黒が混ざっており地が透けないようになってます。

外壁下塗り後

軒天井と外壁の下塗りが終わるとこのような状態になります。住人さんもいらっしゃるので、通路には足元が滑らないようにノンスリップシートを敷いています。

外壁中塗り

次に外壁の中塗りを行います。ここから色を付けてく訳ですが、同時に塗膜の厚みも確保していきます。下塗りも白で中塗りも白系なので色の変化はそこまでないですが、艶の感じとぱっと見の薄さがなくなってきます。

鉄骨階段錆び止め

階段などの塗れる物は全部塗っていきます。鉄部は年数が経つとだんだん錆びてくるので、下塗りに錆び止めを入れてあげます。

鉄骨階段塗装

裏側まで丁寧に塗装し、どの角度から見てもピカピカに仕上げます。

エントランス塗装

外壁の中塗りと階段の塗装が終わるとこのようになります。綺麗にはもちろんなってるのですが、雰囲気もガラッと変わりどんどんお洒落になっていってます。

外壁上塗り

次に外壁の上塗りです。中塗りと上塗りで使用してる塗料は日本ペイントの【ファインSi】です。2液形弱溶剤(ターペン可溶)シリコン系塗料となってます。ファインSiの特徴として、・高耐久弾性適性防藻防カビ低汚染透湿性防錆性と、沢山の良い成分があります。既存の外壁材に合った適正塗料で下塗りを行い、中塗り&上塗りと合計3回きちんと塗ることで艶のある美しいピカピカな外壁に仕上げることができ、防水効果を抜群に発揮してくれます。

玄関ドア塗装

せっかくなので玄関ドアなども一緒に塗装しています。

サッシ木枠塗装

カバー工法面にも細かい塗り物がいくつかありますので、そちらも塗っていきます。これはサッシ廻りの木枠を塗っているところですね。塗り物が小さく面積も狭いため、こういった物に対してはローラーではなく刷毛を使って塗装します。

配線塗装

こんな外配線も塗っちゃいます。塗装とカバー工法をすることにより外装のほとんどが綺麗になってしまうため、手を付けていないところが逆に目立ってしまう状態になるので、このような一見塗らなくても良い物もついでに塗装してあげることで、より一層綺麗なアパートに仕上げることができます。

外壁カバー工法

カバー工法についてですが、写真を紛失してしまったため文字だけで軽く説明したいと思います。カバー工法というのは良く屋根に対して用いる施工方法ですが、実は外壁に対しても施工可能なのです。既存の壁を剥がさず新しい外壁材を上張りするのがカバー工法です。既存外壁の撤去・処分費等がかからないのでお得感がありますが、建物にかかる負担が増えるというデメリットがあります。ただ、金属サイディングという、いわゆるガルバリウム鋼板を使用したので、通常の窯業系サイディングボードなどに比べてかなりの軽量化ができています。耐久年数も長くメンテナンスもそこまで必要ないので、一度張ってしまえばそれより先は安心して過ごすことができます。

下地敷き

最後にベランダから水が漏れていたので防水工事をして終了となります。まずベニヤ板を隙間のないようカットし敷き詰めます。

プライマー塗布

そこへプライマーを塗り密着性を上げます。

ウレタン樹脂

そして、ガラス繊維のマットを敷きMYルーファーという水系アクリルゴム難燃塗膜防水材を塗ります。

ベランダ防水

屋根などに使われることが多いですが、今回のようにベランダに使うこともできます。

トップコート

MYルーファーを塗ったあとにトップコートで仕上げます。防水というと塩ビシートウレタン樹脂のイメージが強いかと思いますが、このような塗り防水も適材適所で行います。

工事前現場

これにて全工程が終了しました。こちらが施工前のアパートの様子ですが、工事後は・・・

工事後現場

こんなに綺麗になりました。良く見るとリフォームしたのが分かりますが、ぱっと見ではまるで新築のようです。カバー工法で壁材の色分けをし、凄くオシャレに生まれ変わることができました。

急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ