藤岡市で瓦に歪み?棟瓦積み直し工事 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

  • 棟が波打ってしまっていますね。これでは崩れてしまう可能性があり危険です。

    施工前 イメージ
  • 棟の通りが真っすぐになりました。掃除もしっかりしてきれいです。

    施工後 イメージ
使用材料 なんばん
工事内容 棟瓦取り直し工事
工事費用 13万(足場無し)
工事日数 2日

工事のきっかけ

最初のお問い合わせは屋根の点検だったのですが点検で棟がズレていることが分かり棟の積み直しを提案させていただきました。


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/urabejyuusou.co.jp/public_html/wp-content/themes/urabejyuusou/single-example.php on line 112

藤岡市のお宅にて瓦が歪んでいるから修理して欲しいとのご依頼。上の画像を見てもらうと分かるとおり屋根てっぺんの棟の部分が大きく波うっています。本来、真っ直ぐ積まれているはずの棟瓦ですがおそらく経年劣化に加え最近では地震なども多い為そのせいで歪んでしまったのでしょう。

まず始めに棟を解体していくんですがここで瓦の良い点が一つでてきます。瓦は綺麗に外せばそのまま再利用できるんです。よっぽどヒビが入っていたり欠けちゃっていたら話は別ですが、世の中には色んな種類の屋根材がありますが解体してまた使えるのはおそらく瓦だけでしょう。普通に考えたら凄いことだしかなりのメリットですよね。

瓦を外すとこのように漆喰や屋根土がでてきます。歪みの一番大きな理由として考えられるのはこれらの劣化でしょう。瓦自体が綺麗だとしても瓦を支えてる銅線であったり漆喰、屋根土が劣化しボロボロになっていては当然こうなってしまいます。また古いお宅ですと瓦がビスで止まっていないケースがあります。もし一度も屋根のメンテナンスをした事がないという方は棟だけでも見てもらうことをオススメします。

土まで撤去を終えたらまた新たに土を乗せてくと皆が思われると思います。実はこの土、昔から費用削減に使われていたんです。今ではほとんどが南蛮という漆喰で施工されています。もちろん土より強度が断然に上がります。言い方、悪いですけどケチらなくなったという事ですね。是非、棟瓦の積み直しをお考えになられてる方は土を使わず南蛮漆喰で施工を頼みましょう。

 

ページトップへ