富岡市で貫板と棟板金を取り付けて葺き替え工事完了 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

富岡市で貫板と棟板金を取り付けて葺き替え工事完了

切妻屋根の棟板金下地張り下屋根の三俣部分の棟板金下地張り

棟板金の取り付け作業の紹介です。

富岡市で葺き替え工事として今までやってきましたが残すとこ棟板金ということは、いよいよ最終段階です。

ここまで丁寧にしっかりとやってこれたので足場がバレる最後の最後まできっちりやっていきます。

まず下地として貫板(ぬきいた)を張ります。

貫板とは日本を代表する木材の一つで節付きで丸みの無い物を特一、特一等(特等)とも言います。丸みのある物を一等と言います。

色々な用途に使えるので日曜大工などで使用する方も多いかと思います。

真物の寸法が長さ1820㎜幅90㎜厚さ13㎜となってますがこの木材は天然乾燥なので乾燥により収縮で寸法の安定性が低いです。良く言えば無垢材の特徴でもあります。

ただ今回は下地材として使用するので全く問題ないのでご安心を。

完工後の大屋根完工後の下屋根

その上に棟板金を被せ固定していく訳ですが、自然災害などで良く被害を受けている箇所でもあるのが棟です。

なので、しっかりとビス留めしとかないと後々、 「台風で棟板金が取れちゃった」とか、「大雨で水が隙間から侵入し下地から腐っていきグラグラするようになっちゃった」とかなりかねません。

お家の一番高い所でもあり一番、雨風を直で受ける部分でもあるので全て丁寧に施工するのはもちろんですが、棟は特に注意して取り付けなければいけません。

切妻屋根の棟板金下地張り
ページトップへ