高崎市吉井町でコロニアル材からガルバリウム鋼板へカバー工法施工。 -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

高崎市吉井町でコロニアル材からガルバリウム鋼板へカバー工法施工。

カバー工法施工前20181115

カバー工法施工前2 20181115

こちらは高崎市吉井町の築年数18年の現場です。所々割れてしまっていてコーキングで応急処置がしてあります。コロニアル材はクァッドですね。北面はコロニアル材の劣化と苔が生えてしまっているところもあります。気を付けて歩いていても滑ります。まずは雪止め金具の撤去です。雪止め金具はコロニアル材を葺く時に一緒に野地板に釘留め施工してあるので雪止め金具の上のコロニアル材をはがさないとちゃんと取れません。今回は既存のコロニアル材の上から野地板を張らずそのままルーフィング施工になるので電動工具での切断撤去になります。次に棟包み板金をばらします。棟包み板金は釘で留めてあるので釘を一つ一つバールを使って取っていきます。棟包み板金の重なり部分はコーキング処理してあるので板金鋏で適当な所でカットします。棟包み板金をばらしたら棟包み板金の下地の貫板を取ります。貫板は5寸釘で留まっていたのでバールで釘を抜きます。

カラールーフィング20181115

カラールーフィング2 20181115

カラールーフィングによる下葺きです。今回は既存のコロニアル材の上からの施工ですのでタッカーは使えません。ルーフィングを留めるのに板金で当て物をして45mmの野地下地釘で留めます。ちゃんと留めるためにはコロニアル材の重なっていないところを留めます。2枚重なっているところを打つと釘が貫通できず変形して上に釘の先が出てしまいます。そうするとガルバリウム鋼板を葺いた時にガルバリウム鋼板を貫いてしまったり不備につながるので気を付けないといけませんね。

 

カバー工法施工前2 20181115
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ