埼玉県秩父市で防水シートを張り替え、和形瓦屋根の葺き直し工事 -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

埼玉県秩父市で防水シートを張り替え、和形瓦屋根の葺き直し工事

施工前の和形瓦屋根

埼玉県秩父市で和形瓦屋根葺き直し工事を行います。

こちら施工前の屋根の状態です。

必要な工具や材料を荷揚げし段取りしておきます。

どんな仕事も段取りが大事です!

室外機

こちらの室外機は使ってないので撤去します。

丸瓦取り外し

屋根の上から不必要な物を片付けたら瓦を取り外していきます。

葺き直し工事というのは葺き替え工事と違い、処分せずこの瓦を再利用して葺くので丁寧に扱います。

昔のお家なので、棟の丸瓦を外すと漆喰だけでなく葺き土も出てきますので、土のう袋に詰めて極力屋根を汚さないように作業します。

既存瓦撤去

鬼瓦と熨斗瓦も取り外し、棟の解体が終わったら平場の瓦も剥いできます。

瓦の下には瓦桟という桟木があるのですが、瓦桟は新しい物に打ち替えるので撤去後、処分します。

足元が良い状態ではないですし、屋根の上は常に危険と隣り合わせなので安全第一で工事します。

瓦桟撤去

撤去完了後、ホウキで掃いて、ブロアで吹いて砂埃等を綺麗に掃除します。

下葺き

そしたら下葺きという作業に移ります。

改質アスファルトルーフィングのカッパ23という防水シートを使用し、上下左右の重なりしろを十分にとり、タッカーで留めていきます。

瓦桟打ち

そして瓦桟を瓦の働き幅寸法で取り付けていきます。

前後5㎜の余裕しかないので細かな作業になります。

葺き直し

その後、最初に剥いでおいた和形瓦を葺き直していきます。

一枚一枚を噛み合わせ、瓦桟に対して釘で固定しています。

和型瓦

葺き直し終えるとこのような形になります。

見た目こそ変わらないですが、中身は以前よりパワーアップしています。

なんばん漆喰

最後に棟です。

なんばん漆喰を詰め、銅線を絡ませておき

熨斗瓦

勾配をとりつつ熨斗瓦を積んでいきます。

棟瓦

そこへ丸瓦を被せ、和型瓦の葺き直し工事は完了となります。

既存瓦撤去
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ