群馬県佐波郡玉村町でアスファルトシングルに葺き替え工事 -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

群馬県佐波郡玉村町でアスファルトシングルに葺き替え工事

荷揚げしてある状態

群馬県佐波郡玉村町で今回使用する「アルマ」に葺き替え工事を行うためにまずは、ルーフィング敷きが終わった後からのご紹介です。

ルーフィングが敷き終わり、屋根材を荷揚げしてある状態です。
ルーフィングが張り終わった後
軒先の様子
アルマに葺き替えをするときのルーフィング(下葺き材)は、アスファルトルーフィングを使います。

このルーフィングは従来の防水シートの二倍以上の耐久性が認められています。
重ねしろは、縦100mm、横は200mm以上になってます。大棟の部分に関しては、600mm以上(片側300mm以上)重ねます。棟部分はお互いのルーフィングを多めに重ねることによって雨漏り防止にもなります。
軒先部分に関しては、アルマ用シングルセメントという接着剤を使って固定をしていきます。
アルマに葺き替え終わった後
この写真は、アルマを葺き終えて棟の部分に棟板金を被せる前の様子になってます。
アスファルトシングル「アルマ」とは、全米で80%以上のシェアを誇る屋根材になっています。日本でも普及しつつあるので、屋根材として注目されています。

加工しやすいことから屋根の形状や状態に合わせて貼り方を変えることができます。
アスファルトシングルの原料はグラスファイバー(ガラス繊維)を基板にしたものです。表面を傷から守るために石粒(砂など)で施しています。
施工方法は、アルマは軒先から棟部分に向かって一段ずつ張り付けていきます。二段目以降は、下段との継ぎ目が重ならないように注意して施していきます。
固定の仕方は、シングルセメントでまずは貼り付けをしてから一枚に対してシングル釘というものが四本必要になるのでそれを四か所に打って固定します。
棟板金を被せたところ
最後に棟板金を被せて終わりになります。
今回使用した、屋根材はニチハさんの「アルマ」SA205キャラメルⅡという商品を使いました。

棟板金も暗色でそろえているので、洋風な感じは残しつつ落ち着いた雰囲気の屋根に仕上がりました。
荷揚げしてある状態
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ