群馬県安中市で築45年の日本瓦、経年劣化により棟の歪みと平瓦ずれにより葺き替え工事 -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

群馬県安中市で築45年の日本瓦、経年劣化により棟の歪みと平瓦ずれにより葺き替え工事

安中市にお住いのI様より、築45年経ち平瓦のズレ、棟のズレが気になるので、点検してほしいとの依頼を頂きまして早速、屋根に上り点検しました。

一番に気になったのは、平瓦のズレです。瓦を剥がして下地を見てみると、瓦桟木が経年劣化により痩せて割れてたり、腐食してボロボロになってたりしてました。

これでは瓦を支えてきれず、重なっている下の瓦にも影響を及ぼすようになってしまいます。そうなると、瓦と瓦の隙間が大きく開いてしまったりして、そこから雨水の侵入の確率が高くなってしまいます。

当時の瓦桟木の寸法は、高さ15mm×幅15mmで、現在、標準で使用してる瓦桟木の幅の半分しかないので、経年劣化はより早くおきてしまいます。

次に気になったのは、棟のねじれです。所々に熨斗瓦がズレ飛び出しててしまってたり、それによって丸瓦のズレも見られました。

屋根土の経年劣化や、地震の揺れ、台風の強風などの影響を受けたと思われます。

棟が崩れたり、瓦の落下などの不安をなくしたいと、板金屋根に葺き替えになりました。

野地貼り

まずは、既存の瓦の撤去になります。

瓦の下にあったのは杉の皮です。

昔はルーフィング(防水シート)の代わりに杉の皮が使われてました。

防水シートの代わりになるので、この上から野地板の合板をはっていきます。

野地貼り完了

野地板とは、屋根の木下地のことです。

野地板は屋根本体を保持させるための重要な建材です。

今回は、厚み12mmの構造用鋼板を使います。

順調にはりあげていきます。

ルーフィングはり

野地板がはり終わったので、次はルーフィングをしきます。マニュアル通りの縦、横の重ねをとってしわにならないようにしっかりとしきます。

急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ