外壁の経年劣化によるクラック現象とチョーキング現象について -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

外壁の経年劣化によるクラック現象とチョーキング現象について

チョーキング現象が起こっている様子

この写真に起こっている現象は、「チョーキング現象」です。

外壁の表面に触れた時に白い粉が手や洋服についてしまったことはありませんか?
これは、ただの汚れだと思っている方もいるかもしれませんが外壁の劣化の現象の一つでもあります。
チョーキング現象はほかにも「白亜化現象」ともいわれています。
この現象は外壁が劣化し始めたというサインにもなります。お客様自身で確認できますよ。
チョーキングが起きやすいといわれている場所は、日当たりがいいところ。バルコニー周りです。
触ってみて、明らかに白いなと感じたら現象が起きている証拠なのですぐにわかると思います。
チョーキング現象をそのままにしておくと、この現象が起きてしまっている時点で外壁の表面の防水効果が機能してないため、次にご紹介していく現象へと発展してしまいます。
ひび割れの状態

次にご紹介していくのは、「クラック現象」です。

この現象は、上の写真でご紹介したチョーキング現象が発展して外壁にひび割れを起こしてしまっている状態です。
原因としては、外壁が乾燥した時の伸縮や建物の振動によるものだと思います。
外壁のひび割れをそのままにしておくと割れ目から、雨水が侵入して内部の劣化へとつなげてしまいます。
どんどん浸食していってしまうと、お家の内面に雨漏りを起こしてしまいます。

「まだ、大丈夫だろう。」というような考えを持っている方はいませんか?

小さなことでも、放置すればするほど修理の負担は大きくなってしまいます。
そうなる前に早めに一緒に解決していきましょう!
チョーキング現象が起こっている様子
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ