藤岡市|外壁(浸透防水シート張り)と屋根(既存瓦撤去) -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

藤岡市|外壁(浸透防水シート張り)と屋根(既存瓦撤去)

既存外壁材撤去した壁

藤岡市にて外装の総リフォームの現場で前回の続きになります。

外壁の張り替えを行う為、既存の外壁材を剥がし下地が見える所まで綺麗に撤去します。

家の内側に貼ってある石膏(せっこう)ボードの裏面が外側に見えるようになりました。

この下地の木材の間に隙間なく断熱材を敷き詰めたらその上に紙を張ります。

浸透防水シート張った壁

紙とは浸透防水シートの事です。

どの家にも外壁材と断熱材の間に入っています。

屋根で言う所のルーフィングみたいな感じです。

今回はSUPERコートMAXという防水シートを横に流し、縦との重なりもしっかりとり先程の下地に対してタッカーで留めていきます。

タッカーとは分かり易く言うと大きいホチキスみたいな物です。

そしたら更にこの上に外壁材を固定する為の下地として胴縁を張ります。

既存瓦撤去した大屋根

屋根は葺き直しをするので既存の瓦とその下の桟木を剥がし一面、下葺き材だけになるようにします。

大屋根は瓦ですが下屋根は瓦棒葺き屋根でした。

形は一般的な寄せ棟造りなのでスムーズに進みます。

寄せ棟とは4方向に勾配を持ち、妻側の三角形の屋根と平側の台形の屋根からなる造りの屋根の事を言います。

断熱材敷き詰めた屋根裏

ついでと言っては何ですが家の中で二階へ上がると異様に暑いとお客様がおっしゃっていたので、屋根裏を見てみると見事にすっからかんだったので外壁と同様に断熱材を敷き詰めといてあげました。

なんとなく良い事した気分になりました!

既存外壁材撤去した壁
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ