群馬県藤岡市で日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替え(仕上げ編) -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

群馬県藤岡市で日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替え(仕上げ編)

横暖ルーフ

横暖ルーフ

横暖ルーフ

今回使う屋根材は、ニチハ株式会社の横暖ルーフです。横暖ルーフは6種類ありますが、その中の「横暖ルーフαS(遮熱鋼板フッ素鋼板)」を使います。「横暖ルーフα」にフッ素鋼板を採用することにより、超高耐高性能を付加し、ジョイント部の高い機密性、遮熱鋼板と厚みのある断熱材で断熱性能が向上しました。特徴としては、上下左右の機密性を高めた新構造により、屋根面に受けた太陽熱を室内側に伝えにくく、さらに、遮熱鋼板と最大17㎜厚の硬質ウレタンフォームが、優れた断熱性能を発揮してくれます。真ん中の写真が横暖ルーフの断面です、芯材の硬質ウレタンフォームの厚みがよくわかりますね。一番右の写真は、横暖ルーフの裏面です。輻射熱を反射してくれる、アルミラミネートです。遮熱塗料の塗られたガルバリウム鋼板、硬質ウレタンフォーム、輻射熱を反射するアルミラミネート、これらを一体成型したことによって「夏は涼しく、冬は暖かい」実現してくれます。

平葺き

軒先、ケラバの唐草が取り付け終わったら、平葺きをスタートします。スクリュービスで455ピッチでとめていきます。しっかりと、上下左右のジョイント部が差し込まれているか、確認しながら、大棟まで平葺きを進めていきます。

ケラバ

ここはケラバの部分です。平葺きをケラバ唐草にかませるので、あらかじめ、かませの分を残して、平葺きしていきます。

棟取り

平葺きとケラバのつかみこみが終わったら、仕上げの棟取りの工程です。切妻屋根なので棟は大棟の一本です。右の棟の芯から、左の棟まで墨を打って棟の中心を出します、その中心の墨に沿って、防腐済みの貫板を、躯体の垂れ木にビスで455ピッチでとめていきます。貫が打ち終わったら、棟包み板金を墨に合せながらがぶせていきます。棟包み板金をかぶせる時には、板金のジョイント(重ね)に必ず内側にコーキングを打ちます。

仕上げ

棟の工程も終わり、キレイに仕上がりました。日本瓦からガルバリウム鋼板に屋根材がかわり、屋根が軽くなりました。

横暖ルーフ
急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ