埼玉県寄居町で屋根の下葺き(防水シート)と板金役物の取付作業。 -群馬の雨漏り修理、屋根工事、屋根修理、屋根カバー工法、葺き替え、棟板金など外装リフォーム専門 藤岡市、高崎、前橋、他群馬全域、埼玉県北対応

埼玉県寄居町で屋根の下葺き(防水シート)と板金役物の取付作業。

埼玉県寄居町のお客様のご自宅で外壁塗装工事が終わり、屋根リフォーム工事の作業を進めさせていただきました。

既存の屋根材はアーバニーグラッサという製品です。

通常のスレート屋根と比べて形状も違い、厚み自体も通常のスレート屋根と比べて厚いです。

これから屋根リフォームを行っていくわですが、はじめに行う作業が下葺き作業です。

下葺きとは何??と思いますよね。

下葺きは防水シートの事です。(ルーフィングとも呼ばれます)

下葺き

まずは谷の部分に下葺き材をタテ方向に葺いていきます。

タテ方向に下葺き材を葺いたら今度はヨコ方向に軒先(下段)から下葺き材を葺いていきます。

下葺き

軒先(下段)から棟(上段)まで徐々に下葺き材を葺いていきます。

棟板金撤去

下葺き

屋根全面を下葺き材で葺き終えた写真です。

下葺き作業が終わったら軒先唐草を取り付けていきます。

屋根を葺く際のスターター的な役割の板金役物です。

この唐草に屋根材を引っ掛けて屋根材を固定していきます。

軒先唐草

こちらは谷板金です。

雨水はこの谷板金を通って雨樋に流れていきます。

一番水の流れが多い部分ですね。

谷板金

これで屋根を葺く準備が整いましたので、これから屋根本体を軒先(下段)から棟(上段)まで徐々に取り付けていきます。

仕上がりが楽しみですね。

下葺き
ページトップへ