屋根葺き替え -屋根修理、雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー工法、サイディング工事など、住宅外装リフォーム専門 群馬県藤岡市、高崎、安中、富岡

屋根葺き替え これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工事

  • 施工前
  • 施工後

屋根材を取り外しますので、下地となる防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。
屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます

おすすめしています、地震に強い屋根

地震時の揺れの大きさを決めるのは震度やマグニチュードだけではありません。家屋の重心の位置にも大きく左右されるのです。屋根が重いと重心がどうしても高くなってしまうため、不安定さが増し、大きく揺れてしまうのです。
一般的な広さの家屋(100㎡、30坪の場合)で瓦屋根の場合、その重さは約6tにも達し、軽自動車(約800kg)7~8台分に相当する重さです。しかし、同じ広さであっても金属屋根に葺き替えた場合、重さは10分の1、約600㎏まで激減します。軽自動車1台分未満になってしまうのです。重心の位置もかなり下がります。

瓦屋根の重さは軽自動車7〜8台分に相当します!
そして、実際の揺れは建物の上端になればなるほど遠心力が大きくなります。重さの数倍以上の力が加わることになるのです。はたらく遠心力が同じであっても、軽ければ軽いほど建物に加わる力は少なくなります。つまり、軽さは耐震性に直結し、減震が期待できることになるのです。 また、金属屋根は瓦と違い、一枚一枚を屋根に積むわけではないので、地震時に落下する危険性もありません。強風で飛ばされる心配もありません。昔は「金属屋根だと雨音が大きくて気になる」なんてことも言われましたが、現在のものは消音性にも優れているので、気になりません。「夏、暑い」なんてことも言われますが、最近のものは遮熱性や断熱性にも優れております。
屋根材別の重さによる重心位置と地震による揺れの違い

それでも金属屋根は・・・というお客様、
当店では金属屋根以外にも軽い屋根材もございます。
どうぞ、お気軽にご相談下さい。

やっぱり瓦、という方へ

瓦屋根の工法によっては葺き直しによって屋根の総重量を減らせる可能性があります。関東以北では少ないのですが、『土葺き』と呼ばれる工法が用いられている瓦屋根の場合、『から葺』工法で葺き直すと、従来の瓦をそのまま使用しても総重量を約3分の2から2分の1程度にまで減らすことができます。
重量の3分の1というと約2tです。実際の揺れでは先端になればなるほど遠心力が働くため、重さの数倍以上の力が加わる状況を考えても、充分な耐震効果が期待できます。

土を使わないので軽い!!

屋根材のご紹介(一部)

  • スーパーガルテクト

    旧製品の3倍以上の耐候性を実現したガルバリウム鋼板を使用

  • ルーガ雅・ルーガ鉄平

    練り込んだ気泡と繊維で軽さと割れ難さを追求したハイブリッド瓦

  • エコグラーニ

    高級感のある自然石粒仕上げ、基材は何と30年のメーカー保証

  • 横暖ルーフ

    住宅用屋根材の中で最も軽量、軽さであなたのお住まいを守ります。

工事の流れ

  1. 1.屋根材の撤去と野地板の増し張り

    屋根の葺き替え方法をご紹介します。
    まず、既存の屋根材を撤去します。その際、元々あった防水紙も撤去します。その後、屋根の下を強くするための、野地板を張ります。

  2. 2.ルーフィング工事

    新しい防水紙を野地板に敷設します。野地板の上に防水紙を敷き詰めていきます。その際、軒先から棟に向かって敷いていくのですが、この様な手順て行うことで、仮に雨が瓦の下に入り込んでも屋内には浸入しないのです。

  3. 3.屋根材の設置と貫板と棟鈑金の設置

    屋根材の設置、貫板と棟鈑金の設置をします。棟は雨水が侵入しやすい箇所なので、しっかり施工をしないと雨漏りを引き起こす原因になります。

  4. 4.雪止めの設置

    今回は雪止めの設置も行いました。

  5. 5.屋根の葺き替え完了

    葺き替え完了です。屋根の重量も軽くなったので地震対策になります。当店は施工後も安心、最長15年の保証が付いています。

ご相談ください、葺き替え以外の方法もあります!

屋根の修理にも種類があります。 ここまでご紹介してきた①従来の屋根を撤去して新しい屋根材で行う屋根の葺き替え、②従来の屋根を使用する屋根の葺き直し、③古くなってきた屋根に対して、新しい屋根でカバーする重ね葺き。

従来の屋根を使用し、屋根を葺き替える工事
屋根葺き直し

屋根材はそのまま使用しながら、下地をメンテナンス後に同じ屋根材をもう一度葺き直していく工事です。
葺き直しの場合は、屋根材を使い続けることになりますので、耐久性が高い屋根材のみ葺き直しでの工事が可能です。

古くなった屋根に対して、新しい屋根材をカバーする工事
屋根の重ね葺き

古い屋根をそのままにしておくため。解体がほとんど必要なく、費用が節約できます。
また、必要な工事期間も短縮されますので、より早く工事を完了させて欲しいという要望にもご対応が可能です。

屋根の状態にもよりますが、期間やご予算の心配もあるかと思います。
当店ではお客様のご自宅の屋根を見させて頂き、
ご自宅にあった修理方法をご提案させて頂きます。

施工事例 たくさんのご依頼ありがとうございます!何かあれば、またお気軽にご連絡ください!

急な雨漏りでも即日対応OK!屋根無料診断
屋根修理が初めての方へ屋根修理業者の選び方
散水試験
施工後も安心、最長15年保証+JIOリフォーム瑕疵保険加盟店です
足場を組む屋根工事外壁塗装とセットがお得!
屋根修理・外壁塗装は、シーリング材も重要です!!!
驚異の30年耐久!ガルバリウム屋根
当店は、質の高い技術を適正価格で提供している屋根修理店です。
家計に優しく月々の分割払いも対応
火災保険を屋根工事に適用できます!
ページトッップへ